パッケージソフト販売事業 : 収運プランナー 牛若丸

牛若丸を入れるとどうなるのか?

その1|その2|その3その4

その2 社内と現場との連携が大変! 

■牛若丸導入前の課題

  • 乗務員に対する社内の伝達事項が上手く伝わらない
  • 収集先の変更が徹底できない
  • 手書きの報告書なので入力時の読み取りミスが多い
  • 帰庫してから再入力するので反映に時間がかかる
  • 収集コースの報告が正しく伝わりにくい

■牛若丸による解決

  • 伝言メッセージ機能によりドライバーへの申し送りや伝言を表示します
  • 現地の地図や写真などの情報
  • 本部からの伝達事項
  • 車載器で記録した情報が自動的に取り込まれるので、再入力の手間も誤読もありません
  • 収集した廃棄物の重量
  • 収集時間
  • 積下しに要した時間
  • トラック運転経路(収集コース)
  • 速度、急発進、急加速の履歴
  • 車載器をパソコンに繋ぐのはとても簡単です
  • 記入ミスを減らす仕組みが組み込まれています
  • 収集先の収集物の内容や量をあらかじめ車載器に伝達

社内と現場との連携が大変

牛若丸TOPへページ先頭へ